読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

2015秋:谷川岳 - 序章(という名の自分語り)

小学生の頃から、アスレチックを避けてきた。

鉄棒の逆上がりは出来なかったし、登り棒は落ちないようしがみつくので精一杯だった。

運動神経の壊滅的な僕にとって、アスレチックに登るなんて夢のまた夢だった。

登山という趣味を始めてから1年経った。何回か鎖場を経験はしたが、ヒヤリハットの連続だった。
丹沢・行者ヶ岳ではずり落ちかけ、金峰山の岩にはそもそも取り付けず(一緒に行った友人達は中腹まで登ってた)、大月・御前山の下りでは高度感に体が強張った。

地図に「鎖場」の文字を見ると、「本当に越えられるのか?引き返すハメになるんじゃないか?」と思ってしまう。「鎖場」の文字を見るのが憂鬱になりつつあった。

翌日が「バイトなし・天気良好」なある日のこと。
明日登山に行くことは決めたものの、ちょうどいい場所を見つけられずにいた。そんな時、サイクリングサークルの後輩から
谷川岳・武尊岳・両神山のどれか行きません?」
という、神がかったお誘いが来る。
車を出せる人からの思ってもみないお誘いにテンションは沸騰。これ、絶対楽しいわ……!

明日行く場所は鎖場だらけであることを、今の僕はまだ知らない。 (続く)