読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

2015年夏 東北背骨ツーリング - 4日目

出発地:会津高原尾瀬口駅

猪苗代湖 ①崎川浜キャンプ場

天童 ②道の駅天童

大曲 ③大曲ユースホステル

十和田湖ホテル十和田湖

大湊 ⑥ビジネスホテル

大間崎(本州最北端。旅の目的地)

大脇沢 ⑦大脇沢ユースホステル

新幹線で帰宅!

四日目:大曲ユースホステル十和田湖
総走行距離:170km
獲得標高:2000m

4:10
起床。いつもより早い時間ですが、今日の走行距離は洒落になりません。獲得標高もそれなりにあります。
せめて時間のアドバンテージだけでも得ようと思い、この時間の起床になりました。

f:id:y0my:20151005001253j:plain
朝焼けが綺麗だった。
今日の天気予報は晴れのち曇りのち雨。雨は18時まで降らないようで、ホッとしました。もう「雨降るかもプレッシャー」に晒されるのは疲れたよ。

こんな早い時間なのに、ペアレントさんは見送りに来てくださいました。
昨日と今日で、結構な元気をもらえました。 夜ご飯のお礼を言い、お別れです。
昨夜あんだけ食ったんだから、きっと走りきれる。

5:20 f:id:y0my:20151005001258j:plain
気持ちのよい朝焼けを尻目に出発です。
長い長い、170kmの旅路が始まりました。

6:00
お腹がすき休憩。今日は朝から何も食べていません。(昨日の夜が多すぎた(笑))
それでも、2時間走ればしっかりお腹減るんですね。
ガッツリと補給します。チョコシュークリーム・芋揚げパンを食べました。

f:id:y0my:20151005001308j:plain
天気は上々。
旅開始以来、初めてザックカバーをしまいました。

f:id:y0my:20151005001305j:plain
天気がいいから景色もいい。でも、景色に見惚れてる時間はない。 f:id:y0my:20151005001302j:plain
撮影は最小限に抑え、走ります。ひたすら走ります。 結局この日、一眼レフの出番はありませんでした。 f:id:y0my:20151005001312j:plain
※そもそも若い人と会いませんでした。

9:15
50km走ったところで休憩です。
残りは120kmですが、正直士気が上がりません。だってねぇ……。
* 残りの120kmには峠が二つある
* しかもひとつ目の峠は標高1000m
* 18時から雨というタイムリミット付き
うん、やる気出る要素が皆無ですよね(笑)昼の天気がいいことだけが、唯一の救いでした。

現在地は田沢湖手前。ここから先、70kmはコンビニがありません。
コンビニで和菓子・豚まん・あんドーナツなどを買いこみます。

やる気は出ないけど、行かなければ。
そう思い立ち上がると、ちょうど地元のサイクリストがやって来ました。 このおじちゃんがとてもいい人で、かなり励ましてくれました。
そして立ち去る前には、「なんか買ってきてあげるよ!」とまで言ってくれました。
もう行く準備はできてるので、特に欲しいものはありません。むしろ励ましてくれたことに、こちらからお礼を言いたいくらいです。とっても温かい気持ちになりました。

僕「準備万端なんで大丈夫です。走り飽きた時のおやつまで用意してますから!」
f:id:y0my:20151005001346j:plain そう言ってトップチューブバッグ見せたら爆笑されました(笑)

さてさて、こころなしか軽くなったペダルを漕ぎ、ひとつ目の峠の頂上にある「玉川温泉」を目指します。 f:id:y0my:20151005001318j:plain 気温は26℃。自転車日和ですね。

f:id:y0my:20151005001322j:plain 田沢湖を過ぎると、綺麗なダム湖に来ました。宝仙湖です。
ここで写真を撮っていると、年配のご夫婦が励ましてくださいました。
今日は色んな人に励ましてもらえるいい日だな。

天気は良くなってきており、太陽の熱を感じるほどになりました。
f:id:y0my:20151005001325j:plain ここで、新兵器サングラスを投入。
7000円ちょっとで手に入れた、ジャンクションプロデュースの度付きサングラスです。

しかし、この後の道が斜度10%を越える坂ばかりで大変でした。
f:id:y0my:20151005001328j:plain 厳ついスノーシェードも……
f:id:y0my:20151005001330j:plain 川沿いの道も……
f:id:y0my:20151005001333j:plain イモムシみたいなトンネルの中も……

ぜ~~~んぶ激坂でした。
ここ、ツーリング中に通るルートじゃないわ(笑)

13:15
f:id:y0my:20151005001338j:plain 息も絶え絶えに峠攻略。
f:id:y0my:20151005001340j:plain 看板を見ると「十和田八幡平国立公園」と書いてあります。とうとう看板に「十和田」の文字が!

f:id:y0my:20151005001343j:plain 防寒具を着こみ下ります。路面も乾いていて、すごく気持ちのいいダウンヒルでした!

15:00
道の駅かづのにピットイン。
おやつの時間にして、やっと昼にありつけました。
f:id:y0my:20151005001348j:plain 比内地鶏の親子丼です。ここの親子丼はなかなかの美味しさでした。
道の駅の現地ものにハズレ無し。

今日は既に120km走っています。
さすがに疲れが出てきて、その店でグダーとしていました。
外を見ると明らかに雨が降ってきています。
残りの50kmには、まだ峠があります。この時間から雨だと……こりゃかなりハードなことになりそうだ……。
長々と一時間は休み、再出発です。

16:15
……とその前に、道の駅近くのコンビニへ。
十和田湖は、近くにコンビニがありません。 今日だけではなく、明日の分も合わせ食料を買いこみます。
菓子パンやカップ麺などを買い、台風の下で引きこもる準備は万端!
さあ、いよいよ十和田湖へ50kmのダイレクトアタックです。

f:id:y0my:20151005001353j:plain十和田湖から20km手前の看板です

f:id:y0my:20151005001357j:plain このへんは馬刺しが名物なんでしょうか?

17:30
いよいよ登りが始まった……、と同時に雨が強くなってきました。
f:id:y0my:20151005001400j:plain 天気予報でも、雨だと言われていた時刻です。覚悟は決まっていますが、憂鬱ですね。
最後の峠は降られながらの登坂になりそうです。

目指すべくは、標高650mの発荷峠です。登頂後、250m下ると十和田湖に着きます。
なんで湖がこんな高いところにあるんだよと思いましたが、十和田湖ってカルデラ湖なんですね。

f:id:y0my:20151005001402j:plain いざ取り付いてみると、意外と斜度が高い道でした。
玉川温泉のような、10%を越える登りがずっと続きます。

18:00
峠頂上9km前にして、日没。峠の途中での日没は初めての経験です。
峠&雨&日没のトリプルコンボがキマりました。過酷すぎて逆に楽しくなってきますね(笑)

f:id:y0my:20151005001416j:plain Indiglo5を付け、淡々と刻んでいきます。
ちょっと心細いので、iPhoneで音楽をかけましょう。
f:id:y0my:20151005001405j:plain それでも、滝を撮影する程度の心の余裕はあったらしい(笑)
f:id:y0my:20151005001407j:plain よくある通行止めがこんな所にも。看板が光を反射している様子から、雨で地面が濡れていることが分かります。
雨は小雨ではないが、本降りでは無い程度の強さ。ダウンヒル大丈夫かな……。

18:35
f:id:y0my:20151005001410j:plain 発荷峠登頂!あとは下るだけです。
この下りがメチャクチャ寒かった……。たった250mの下りなのに、体の芯まで冷えかけました。
f:id:y0my:20151005001413j:plain 下り途中の一枚。
暗くて何がなんだか分かりませんが、人生で初めて見た十和田湖です。
下りきり十和田湖湖畔に着いた時は、体が冷え切る寸前でした。

19:30
f:id:y0my:20151005001420j:plain ほぼ街灯のない湖畔を走り、ホテル十和田湖荘に到着!
この時は「無事生還した!」という気持ちが強く、心からホッとしました。

入り口に行くと、ボーイさんの出迎え付き。しかも荷物を持ってくれるという。
これ、旅館じゃなくて"ホテル"だ!
しかもビジネスホテルとは違う、本格的なやつだ!
受付も
f:id:y0my:20151005001426j:plain ロビーも
f:id:y0my:20151005001432j:plain 売店も
f:id:y0my:20151005001429j:plain 異世界でした(笑)
こんなとこに泊まれるなんて、頑張ってよかった!

f:id:y0my:20151005001401j:plain 部屋もメチャクチャ広い!これは快適すぎるでしょ(笑)

落ち着いてから自分の足を見ると
f:id:y0my:20151005001424j:plain 葉っぱがついてました(笑)いいホテルに来る服装じゃありません(笑)
しっかし、本当にハードな一日だったなー。

体を綺麗にするため温泉へ。
これが最高だったことは言うまでもありません。

21:10
夕飯はホテル内の軽食屋で味噌ラーメンを食べました。 f:id:y0my:20151005001441j:plain 凝った味付けではないのですが、素朴な味でメチャクチャ美味しかったです。
体に沁みますね。
ツーリング中は基本的に何を食べても美味しく感じます。ただ、特に「素朴な味」を美味しく感じる気がします。家から離れてることによる、懐かしさ補正が入るのかもしれません。
このラーメンも普段だと「学食のワンランク上の味」としか感じないんだろうな(笑)

部屋に戻り、心ゆくまでグダります。 明日は一日中雨なので、自転車に乗らなくていい日。
なんて気楽なのか!
22:50、旅が始まってから一番のんびりとした気持ちで眠りにつきました。

今日わかったこと:
日没後の峠で聞く音楽は、初音ミク田村ゆかりのような現実離れしている音楽がよい。現実逃避が捗る。