読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

2015年夏 東北背骨ツーリング - 2日目

2015年夏 東北背骨ツーリング 自転車

出発地:会津高原尾瀬口駅

猪苗代湖 ①崎川浜キャンプ場

? ②どっかの道の駅でテント泊野宿

大曲 ③大曲ユースホステル

? ④未定どっかで一泊?

十和田湖 ⑤キャンプ場

大湊 ⑥ビジネスホテル

大間崎(本州最北端。旅の目的地)

大脇沢 ⑦大脇沢ユースホステル

新幹線で帰宅!

二日目:猪苗代湖→どっかの道の駅
総走行距離:140km
獲得標高:950m

5:00
f:id:y0my:20151001005004j:plain とても深く眠れました。
深すぎて、起きた瞬間自分がどこにいるのか分かりませんでした。 これだけよく寝れれば頑張れる。気力十分です。
昨日の雨で、テントへの多少の浸水はありましたが、マットのおかげで体には到達せずにすみました。

f:id:y0my:20151001005006j:plain 天気は小雨。雨の後のテント撤退ほどだるいものはありません。のろのろと撤退作業をし、6:15には出発準備完了。
今日のコースは前半峠越え、あとはずっと平地です。

6:45
f:id:y0my:20151001005014j:plain 昨日、夜ご飯を買うはずだったセブンで朝ごはんです。
依然として食欲はありませんが、昨晩の白米と比べればどんなものでもおいしく感じるのでした(笑)

しばらく走るとラーメンで有名な喜多方に来ました。
看板も、ラーメン屋が多くなります。
「朝ラーメン」と書いてある看板もありましたが、胃もたれが酷くてそれどころじゃない……。

f:id:y0my:20151001005017j:plain 雲が厚すぎて山は見えません(笑)
そもそも小雨だしね。

8:50
山の麓のコンビニで休憩。依然として食欲は無く、30kmに2つおにぎりを詰め込んでいきます。
ここからは大峠トンネルまで登りです。疲れた時のため速攻元気を買っておきましょう。

登り始めると、いよいよ雨が強くなってきました。今回の旅初めての本降りが始まりそうです。だけどこの道はトンネルが多いことで有名な道……!

f:id:y0my:20151001005025j:plain トンネルを抜けると……
f:id:y0my:20151001005027j:plain またトンネル!
そのトンネルを抜けると…………
f:id:y0my:20151001005030j:plain またまたトンネル!!!

こんなのがずっと続きます(笑)
おかげでほとんど濡れず、半袖の短パンのまま頂上まで行くことができました。

10:05 f:id:y0my:20151001005032j:plain 頂上の大峠トンネル到着!

f:id:y0my:20151001005038j:plain このトンネルはとても長く、4kmもあります。(旧道はMTBで通り抜けられるが、壮絶な道になってるとか……。)

f:id:y0my:20151001005040j:plain トンネル内で福島県が終わり、いよいよ山形県に入りました。
天気は悪いですが、未踏の県への突入にテンション上がります。

トンネルを抜けると、いよいよ雨が本降りになっていました。
f:id:y0my:20151001005035j:plain 現在の記憶は16℃。

f:id:y0my:20151001005043j:plain 雨具をフル装備し、下り始めます。道幅が広いので、結構とばせる道でした。
とはいえ、今日は路面がウェットなので、無理のないスピードで走ります。
雨の下りは、去年のツーリングで散々経験しました。そのため、精神的余裕をもって、安全に下れました。

11:10
f:id:y0my:20151001005047j:plain 下りきり、雨も止みました。自販機の前で休憩し、雨具を脱ぎます。
f:id:y0my:20151001005049j:plain キャリアもこの通り。かなり雨が酷かった様が伝わると思います。

休憩を終え走り出しますが、道は単調な平坦路です。いい写真を撮れる天気ではないし、刺激がない。
淡々と距離を稼ぐよう走り続けます。

13:00
目的地まで40kmのセブンで休憩。さすがに疲れが出てきました。速度は22キロくらいしか出ません。
疲れ気味でお腹がすいたので、ミニカップ麺を食べました。これは、エネルギー・塩分・水分を同時に補給するためです。
今日のような肌寒い日はまさにカップ麺日和ですね。

この時点で、今日の目的は「道の駅天童」と決めました。
噂によると、屋根付きの野宿出る場所があるとのこと。
地面が土じゃなくて屋根まであるなんて最高ですね!

f:id:y0my:20151001005057j:plain それにしても、雲が厚い……。

最後の40kmを走っている時、「温泉ゆぴあ」の看板を見つけました。
なんと、山形最大級の温泉施設があるらしい……!
宿となる道の駅からは7km離れていますが、行くしかないじゃないか。
1日ぶりの風呂だ、盛大にいこう!

f:id:y0my:20151001005052j:plain ボロボロだけど、速攻元気で登坂車線を攻略します。温泉のためなら頑張れる(笑)

16:00頃
道の駅天童に到着。テントを設営する場所を確認します。
道の駅で野宿する時は

  • 人目につかない、でも明かりが見える
  • テント設営は道の駅の営業を終えてから
  • 道の駅の営業が始まるまでに撤収すること

の3つがセオリーらしい。
営業終了が18時なので、まだまだ時間があります。
その間に温泉に行ってしまいましょう。

18:00頃
f:id:y0my:20151001005100j:plain ゆぴあ到着!
実は、ここまでかなり迷いましたが、この描画は辛すぎるのでカットで(笑)
結局20km余計に走り、今日の総走行距離が160kmになったとだけ言っておきましょう(笑)

そんなことより、一日ぶりの風呂です!
ここで駐輪場を探していた所、老婦人が話しかけてくださいました。
定番の「どこから来たの?」です。
昨日からコンビニ店員意外と話していなかったので、地味に嬉しかったですね!
話終わった後、人恋しかったんだなと自覚させられました。

それにしても、この清潔な建物です。泥にまみれた一日からすると、別世界に来たようですね! f:id:y0my:20151001005102j:plain

風呂は最高の一言に尽きましたね。
もう、疲れがお湯に溶けてくようで……。
HPも回復しましたが、それ以上にMPが回復しました(笑)

温泉から上がったら、ゆぴあ内にある食堂で夜ご飯です。
道の駅で自炊はマナー違反なんで、今日は外食します。

せっかくだから現地の名物を食べたい。
ということで、今夜の夕飯は庄内豚カツ丼に決定!
f:id:y0my:20151001005105j:plain なんとここの店、大盛りが無料でした。
お腹の調子はイマイチだけど、そろそろツーリングに適応してくれてもいい頃合い。ここは大盛りでいきましょう!

f:id:y0my:20151001005105j:plain 食欲のなさが吹き飛ぶほどの美味しさでした。
量も適度で、最後まで飽きずに食べきりました。昨日の夕飯のことなんてモウワスレタヨ。

19:50
ゆぴあを離れ、道の駅天童に向かいます。
周囲は完全に暗くなっており、街灯はほとんどありません。
でも、Indiglo5をLowモード(600lm)で点灯すれば、問題なく走れます。
このライトは本当に買ってよかった。

道の駅天童の野宿場所に行くと、既に先客がいました。
向こうの方も人恋しかったようで、テント設営前に話し込んでしまいました。

聞けば、彼は原付きで北海道から旅をしている方でした。
ライダーハウスに泊まるのが楽しすぎて、北海道を抜けるのに一ヶ月もかかったらしい(笑)生粋の旅人さんですね。

彼に「昨日はご飯を炊いた」と言うと、驚かれました。なんでも、カロリーという観点からのコスパを追求したチャリダーは、食パンにマヨネーズを塗るという食事に行き着くとか(笑)
その域までは行ける気がしない(笑)

f:id:y0my:20151001005001j:plain そんなこんなで、テントを設営し、明日のルートを確認したりしていたら夜が更けて来ました。明日の旅程は140キロですが、宿はユースホステル
久しぶりに布団で寝られます。人恋しさも解消されたし、今夜はとても楽しい気持ちで眠りに付くことができました。

23時 就寝。