読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

2014年:エクストリーム夏ツーリング|7日目 日光→会津アストリアホテル

自転車

 

早く起きなくていいのですが、習慣で6時前には目が覚めます。
布団を出ずにゴロゴロできるっていいですね。
昨日の朝とは正反対、弛緩し切った空気の中、朝食を摂ったり準備したりします。
起床から二時間後、8:00に出発しました。

今日のルートでは、出発から数分後には霧降高原への登りが始まります。その後は緩いアップダウンが続き、最後の中山峠を登れば本日の目的地である会津アストリアホテルに到着です。
外の天気は曇り。昨日の霧がまだ残っているようです。
宿を出るとすぐに、思った以上に急な登りが始まりました。ずっと7,8%が続くのです。
昨日の疲れが残っている我々にはかなり辛い斜度でした。
ただ、道の雰囲気はよくて、霧と相まって清々しい早朝を演出しています。 IMG_0152

単調な登りに飽きて来たので、無賃乗車してるトンボを撮影。

IMG_0156

今日のBGMはまどマギのサントラです。
山頂に近づいてくるにつれ、霧が濃くなってきます。

IMG_0164

そもそもここに来ることにしたのは、以前ここに行った後輩が景色を絶賛していたからです。
頂上に行けばさぞやいいものが見えるんだろうな~(棒
9:30、山頂に到着です。普通に疲れました。
さぁ、気になる景色は・・・
霧しか見えない\(^o^)/

IMG_0173

ここまでの苦労は何だったのか・・・。
徒労感を覚えつつダウンヒルします。

下っていると牧場が見えてきました。
観光地化されているらしく、結構な数の車が止まっています。
お腹もすいてきたし、僕らも寄ることに。
牧場直産だけあって乳製品がうまい! 

f:id:y0my:20140817094956j:plain

f:id:y0my:20140817100829j:plain

登ってよかった霧島高原(笑)
霧島高原を下りきると、ここからは緩いアップダウンが続きます。
昨日のルートには「登りか下りか」しかなかったのでなんかホッとしました。
「平和だな~」と呟きたくなるような牧歌的風景が続きます。

IMG_0176

ここでもながパンク。
パンクしたのがゆるポタ日でよかった。
パンクしている間、手持ち無沙汰な僕は一眼レフで遊んでいました(笑)

DSC_0893

12:00、道の駅 湯西川に到着、昼ごはんにします。
牧場での食事から2時間しか経ってないけど、今日はゆるポタだからいいんです(笑)
鹿コロッケカレー。ここの鹿コロッケは絶品でした!

f:id:y0my:20140817120649j:plain

腹ごしらえをしたら、午後の部スタートです。
残り距離は45km。まだ昼過ぎであることを考えると余裕です。

風景は山間の静かな国道という感じ。
写真を撮りながらマイペースに走ります。
特徴的なトンネルを通ったので一枚。

IMG_0183

1:30、とうとう栃木県を脱出、福島県へ!

f:id:y0my:20140817133746j:plain

これで東京→山梨→長野→群馬→栃木→福島と6都県を跨いだことになります。
我ながら、遠いところまで来たなぁ・・・。

中山峠には旧道があり、初めはそちらに行く予定でした。
ですが、霧島高原が思った以上に辛かったし、もう山はお腹いっぱいということで、新中山峠の方に行くことにしました。

峠に入り少し経ったところで、今度は僕のほうがパンクです。
ここまでパンク0、というの方が運良すぎだったのです。
今までよく耐えてくれたと思います。
ささっとチューブを交換し、再出発。

新中山峠はそこまでキツイ峠ではないのですが、疲れが累積している我々には辛く感じました。
景色のいい橋があったので一枚。「いい景色だから写真を撮る!」は脚をつく免罪符です。

DSC_0904

これがラスボスだと言い聞かせあい、15:00には登り切りました。

しかし、どんなRPGにも必ず裏ボスがいるもの。
中山峠を下り切ると、ホテルまでの道はまた登りでした。
この登りの斜度がえげつないこと・・・。
7, 8%はもちろん、ところどころ10%越えているところもありました。
最後の力を振り絞り走るしかありません。

そして16:00、とうとう今日の宿である会津アストリアホテルに到着です!

DSC_0918

色々あった旅ですが、ここが正真正銘、最後の宿。
ずっと一緒に走ってもなとエールを交換し合います。
やり切った達成感と、旅が終わることへの寂しさが混じり、複雑な気分です。

最終地点に着いたことで、僕の中の緊張の糸は完全に切れてしまいました。
自分ではシャンとしているつもりなのですが、「部屋の鍵を閉めようとして鍵を持っていないことに気づく」「温泉行くのにタオルを忘れる」など、凡ミスを連発していました(笑)
今までこんな状態になったことなかったので笑うしかなかったですね(笑)

風呂入ったり、ふかふかベッドでゴロゴロしたりしていたら、夕食になりました。
今回の旅、最後は「バイキングができるホテル」だと決めていました。
やり切った達成感の中、自転車旅で拡張された胃でバイキングすれば、絶対に楽しいと思ったからです。

その目論見は大成功でした。
東京からの旅をやり切り、温泉に直行してからのバイキングです!
テンション上がるに決まっている!
その結果、2プレートフルで食べることに成功!

f:id:y0my:20140817190218j:plain

だが、まだ終わらない、デザートが待っている・・・!

f:id:y0my:20140817191802j:plain

デザートは全種類食べるのが僕のやり方。
なんとか食べきりましたが、まだ少しだけなら行けそう・・・!
特に美味しかったカップケーキだけ、おかわりしよう!
最後、ちょっと苦しかったけどなんとか食べきりました。
この時の僕の食べっぷりはかなり凄かったらしく、ジロリアンであるはずのもなが驚いていました(笑)

部屋への帰り、エレベーターで軽い吐き気が・・・(笑)
さすがに容量オーバーだったようで(笑)
食べ過ぎた時って本当に動けなくなるんだね・・・。

ちなみに、もなも同じような状態でした。
結局、30分ベッドに横になり、やっと再活動できるようになった二人でした(笑)
最後の宿ではっちゃける、これもまた最高の思い出ですね。

その夜は、twitter見たり、写真整理したり、読書したりとダラダラしているうちに更けていきました。
荷物整理?そんなの明日やればいいんじゃない(笑)
明日は会津若松駅から輪行帰宅です。やっぱり寂しいな、そう思いながら眠りに就くのでした。