読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

2014年:エクストリーム夏ツーリング|1日目

三時間睡眠です。
いろいろあり、バイト終わってから荷造りをした結果がこれです。
それに加え、ここ3週間はほぼ自転車に乗っておらず、体力面にも不安があるという状態です。
またとないバッドコンディションですね。
ただ唯一の救いは、気温が高くないことでした。
真夏は35度越えなんて日常茶飯事ですが、今日は32度で済むようです。
このような状況の中、一抹どころか三抹くらいの不安を抱え一日目が始まりました。

朝9時、環八と20号がぶつかる場所でもなと合流します。
道路はお盆が近いので混んでいます。
せっかくスピードに乗ってもすぐに信号に捕まります。
最初の休憩、35km地点ではまだ余裕がありました。
むしろ、久しぶりに自転車に乗る楽しさが大きかったです。

休憩の時に撮った写真です。左が僕の自転車です。

IMG_0028
写真を見れば分かる通り、キャンプ泊のため重装備になっています。
こんな重い荷物で走るのは2年ぶりかな?
キャリアにはテント・服類・輪行袋が入っています。
これだけで8kgくらいはありますね。
リュックにはガスボンベ・米二合・一眼レフ(単焦点装備)・ズームレンズなどが入っています。
おそらく10kg以上はありますね。
この重さが後半になればなるほど足に効いてくるのです。。。

休憩が終わるといよいよ大垂水峠です。
これが辛いこと、辛いこと。
というのも、登りにもかかわらずなぜかもなのペースが落ちないのです。
千切られるのも癪なので、僕も頑張ってしまいました。
結局途中で追いつけなくなりましたが、足へのダメージはガッツリと残った大垂水峠でした。

いよいよ太陽が昇ってきました。

二人とも疲れが隠せなくなってきます。
痛いくらいの直射日光が、ただでさえない体力をさらに削っていきます。

IMG_0032
二度目の休憩、60km地点では、ICE BOXにミツヤサイダーをぶっこみ涼みました。
ここからの道に平地はありません。アップダウンや、ゆるい登り(1,2%。塵も積もればなんとやらで地味に辛い)が続きます。
しかし、バテ気味とはいえ、なぜかもなのペースは緩まない。
意味もなく付いていこうとする僕も足を削られ、笹子峠に着く頃には限界が近づいていました。

もな「笹子峠どうする?」
僕「やめよう(即答」

結局笹子峠は回避し、笹子トンネルを突っ切ることにしました。

 

笹子峠前の自販機休憩。ヘルメットをハンドルに掛けず、放り投げる程度には疲れてる。

IMG_0029
が、トンネルを走っている途中で片脚が攣りかけるという事態に。
一漕ぎでもしようものなら攣りそうだったので、漕がずに惰性だけで走りました・・・。(笹子トンネルは下りだから漕がなくても進む)
トンネルを抜け足を付き、筋肉を軽く伸ばし走り出します。

ここからは下り基調。足を騙し騙し回していきます。
が、何気ない信号休憩で足をついた瞬間、ついに攣りました。
しかも両足とも(笑)
諦めと共にサドルを降り、ストレッチをしました。
最近攣ってばかりなので、「やっぱりきたかーw」って感じで笑ってしまいました。

ある程度回復したら、再出発です。
なるべく力を入れて漕がないようにして、たらたらと走って行きました。
そして午後17時、無事宿まで到着しました。

部屋に行くと、車で来た研究室の先輩から「自転車で来たの!?」という恒例のやりとりをいただきます(笑)
そのあとは温泉で体を癒し、夕食を食べ寝ました。

この写真の目の下のクマが、今日のすべてを物語ってますね。

f:id:y0my:20140902201752j:plain

一日目:終了

あれだけ走っても、夜になればパンイチで「飲もーぜー!」って騒げるもなはマジで凄いと思う。