読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

「SIMLICITY」,「レンズ沼にハマらない写真術」を見て 単焦点のすゝめ

カメラ

シンプルは力。

このことを初めて意識したのは高校生の頃だったか。

人生で始めてのApple製デバイス。iPod nano第二世代。

 

洗練された透明感のあるパッケージに数ページしかない説明書。

美しい液晶にシンプルな操作部。

一つのクリッカーですべての操作が完結している。

機能には妥協がなく、僕の底に「シンプルは力」という印象を刻んだ製品だった。

 

あれから6年、気付いたらiPhoneiPad miniMBAにMBPを持っているわけだが、それはまた別の話。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アメリカのカメラマン、Ken Rockwellが書いた記事「SIMPLICITY」の翻訳を読んだ。

"シンプルということ" by Ken Rockwell を日本語に訳した - Blue-Periodさんの日記

実際は4ヶ月くらい前にも読んだので、読み返したというのが正確かも。

ちなみに前回読んだ時はPower Shotのとこに触発され、G16を買ってしまった。F1.8に露出補正ダイヤルうまうまです。

 

さて、今回は念願の一眼レフも手に入れたし視点が変わったかな、と読み返してみた。

そして思ったこと↓

「あれ、もしかして18-140mmっていらないんじゃね???」

『ズームは迷いを生むだけ。単焦点を使って被写体に集中せよ。』

記事はそう訴えかけている。

ちょっと単焦点が欲しくなってきたぞ?

 

次にtwitterにて流れてきたこの動画を見てみた。

CP+シグマブース「レンズ沼にハマらない写真術」 - YouTube

単焦点レンズを一つ買い、1万枚撮影し絶対画角を養成しましょう。』

『他のレンズを使うのはその後です。』

 

あかん。

あかんわ。

単焦点買う以外の選択肢がない。。。

 

 

 

 

・・・まぁ結局買ったんですけどね(笑)