読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界穿孔日記

飽き性な新社会人の日記です。読書・サイクリング・デジタルガジェット・カメラ・文房具などに興味があります。

間違いだらけ(笑)の一眼選び

カメラ

ついに、ついに一眼レフを買いました!

と言っても、ヤフオクなんでまだ手元にはありません。

 

今年の初めには買いたいなーと思っていたので、決断に一ヶ月以上かかってますね。

ではこの期間何をやっていたのかというと、色々なカメラに目移りしてました(白目

せっかくなので、その移り変わりをまとめておこうと思います。

以下、優柔不断なカメラ選びスタート!

 

Step1.一目惚れからのチキン期

欲しいカメラ①:Nikon D5300(2013年)

D5300

 去年の11月に出た一眼レフです。ローアングル好きだし、猫撮りたいので、バリアングルに惹かれました。しかもGPSWifi付き。また、僕の原点はCoolpix950なんでNikonが欲しかったってのもあります。

 が、これは止めました。というのも予想意外に高かったんです。本体だけで7万円と聞いただけでチキってしまい、戦術的撤退だとつぶやきつつ他のカメラを探します。

 

Step2.路線変更期ミラーレス一眼もアリ?

欲しいカメラ②:FUJIFILM X-Pro1(2012年)

X-pro1

 富士フィルムのフラッグシップミラーレス一眼です。なんと、OVFとEVFを自分で切り替えることができます!店頭で触ってみてそのレスポンスの良さ、適度な大きさに重さに惚れました。また、ライカのレンズが使えるってのもマイナー厨的には嬉しいポイントでした。

 が、一つ致命的な問題が。それは本体だけでも7.5万円と高いことでした(またか

結局また新しいものを探すことに。。。

 

Step3.迷走期

 

欲しいカメラ③:Sony α580(2011年)

α580

現在のところ、これがSonyの最後に出した一眼レフです。そう、まさかの日本未発売モデルです。高いとか以前に手に入りません。ヤフオク見ても、半年で2回しか出品されてなかったので断念。

 

欲しいカメラ④Benq GH658

benq650

迷走ここに極まれり。もはや一眼レフでさえありません。これは台湾の電機メーカーが作ってるカメラらしいです。淘宝網っていう中国の通販サイトで発見し、デザインが良かったんで欲しくなりました。でもこれ、Dimage A2とキャラ被りすぎでは・・・?

 

 

Step4.原点回帰

 

欲しいカメラ⑤:Nikon D5000(2009)

D5000

回り回ってD5300が欲しくなってきました。でも高い。とにかく高い。ならば、時間稼ぎとして古いのから行こう。せっかくだからNikon初のバリアングル液晶モデルを買おう!

 

欲しいカメラ⑥:Nikon D5100(2011年)

D5100

とは言え、D5000は何が何でも古すぎる。結局AFの精度とかに不満を持ち使わなくなるに違いない。ならD5100でいいのでは?カメラの世界において2年の差ってのはかなりでかいよね?

 

欲しいカメラ⑦?:Nikon D5300

D5300

やっぱりD5300が欲しいです!あれ、オークション見たら少しは安くなってきてる?本体なら65000円、レンズキットでもうまくすれば85000円で!給料日近いし、卒論頑張ったしもう買っちゃおう!!!

 

 

以上、楽しい楽しい優柔不断時代でした。

こういうのは悩んでる間が一番楽しいともいいますが、全くもってそのとおりだと思います。

(もちろん現物届いてからもまた楽しいのですが)

 

これだけ悩みぬいて買ったカメラです。

きっと大切に使い続けると思います。